« Ubuntu 14.04 (AWS) にAlminumをインストールする 序章 | トップページ

2015年1月17日 (土)

ubuntu 14.04(AmazonWebService)にALMiniumをインストール

以下の手順でインストールできました。

参考にした主な記事は以下のページです。

ALMiniumのsmeltの実行までの参考にしました。
http://qiita.com/cock1doodledoo/items/39e6cea44a377207eaff

Apache2.4.7の設定は苦労しました。。。、
主にインストール後のApache2の設定を参考にさせてもらいました。
http://www.wildwest-service.com/redmine_on_ubuntu1404/

面倒だったのでsudo suで管理者アカウントの状態で作業しました・・・。

#apt-get を最新にする。(dist-upgradeはしないほうがいいのかな?)
apt-get -y update
apt-get -y dist-upgrade

#apache2のインストール、passengerもインストールしておきます。
apt-get -y install apache2 libapache2-mod-passenger

#gemを最新にする
gem install rubygems-update
update_rubygems

#smeltの実行中に利用するツールをインストールする
apt-get -y install wget git imagemagick unzip

#ALMiniumを取得する
git clone https://github.com/alminium/alminium.git
cd alminium
./smelt

(IPかDNS名の入力)
(https:no)
(メール:1)
(jenks:no)

(MySQLのパスワードなしで登録)

(rackupの上書き:yes)

以上でプログラムのインストールは終了です。

その後Apache2.4.7の設定です。
今回はポート8000番を使いました。

ALMinium用のコンフィグファイルをデフォルト設定からコピー
cd /etc/apache2/sites-available
cp -iv 000-default.conf alminium.conf

vi等でalminium.confファイルを開き

1行目を80から8000に書き換えます。

ServerName を追加し、DocumnetRootを変更します。

  ServerName alminium
  DocumentRoot /opt/alminium/public

/に権限がないと言われるので以下の3行も追加

  <Drirectory />
      Require all granted
  </Directory>

ポートを8000番に変更

/etc/apache2/ports.confファイルを開き

80番を8000番に変更

/etc/apache2/mods-available/passenger.conf ファイルを開き、
PassengerDefaultUserを追加

  PassengerDefaultUser www-data

設定を有効にして、Apache2を再読み込み

a2ensite alminium
service apache2 reload

以上で、無事起動できました。

|

« Ubuntu 14.04 (AWS) にAlminumをインストールする 序章 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188083/60986801

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu 14.04(AmazonWebService)にALMiniumをインストール:

« Ubuntu 14.04 (AWS) にAlminumをインストールする 序章 | トップページ