« 2009年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2009年6月30日 (火)

Ubuntu(Linux)でExif情報(撮影日時)を書き換える

デジカメで撮影した画像ファイル、気付いたら日付が初期設定にもどってる・・・
といった経験を何度か繰り返している中で、今まではウィンドウズのツールをダウンロードしてたりしてたのですが、Ubuntuでどうすればできるか探してみた。

今回見つけた方法が私にdは分かりやすいので投稿することに。
jheadツールを使って撮影日付を変更してみました。

1.jheadツールのインストール
  端末([アプリケーション]+[アクセサリ]+[端末])を開いて、
  以下のコマンドでインストール

   $sudo apt-get install jhead

2.撮影日付(Exif情報)の変更
  2005.01.08 23:43となっているファイルを2009.06.27 15:33に変更する場合は以下のコマンドで変更できます。
   $jhead -da2009:06:27/15:33-2005:01:08/23:43 CIMG6889.JPG

3.Imgフォルダに保存したJPGファイルを一括で変換する
    $jhead -da2009:06:27/15:33-2005:01:08/23:43 img/*

4.ついでにファイルの更新日付をExif情報の撮影日付にする
    $jhead -ft CIMG6889.JPG
  フォルダ配下のファイルを変換する
    $jhead -ft img/*

-da オプションは一つのファイルの変化時間を計算(入力)すれば他のファイルも時間差を元に計算されるのがよいと思った。


続きを読む "Ubuntu(Linux)でExif情報(撮影日時)を書き換える"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2013年7月 »